猫のギモン

猫がテーブルの上に乗ってしまう!どのようにしつけたらいい?

更新日:

猫がテーブルの上に乗って、困ってしまった事はありませんか?

ちょっとしたしつけ方のコツを覚えれば、簡単に対処できます。

今から有効な方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

1.テーブルに乗る原因をきちんと見極めて対策をとる

猫がテーブルに乗りたがる理由の1つとして、高い場所を好むということが挙げられます。

飼い主さんの過ごす場所がテーブルだったりした場合、少しでも近くにいたいと言う願望の表れということもあるでしょう。

また、小さい頃から人間の食べ物をもらって育ってきた子は、ご飯目当てでテーブルに登ることも考えられます。

 

猫はもともと、高い場所で暮らす動物です。

その部屋に高い場所がテーブルしかない場合は、見張り台として利用しているかもしれません。

 

いずれにしても、テーブルの上に乗る習慣は放って置くとご飯を横取りされたりするようなことに発展します。

原因が何なのかをきちんと把握した上で対処していくことが、大切なのです。

 

 

2.天罰を用いてしつける方式

では、どのようにしてしつければいいのでしょうか?

効果的な方法は、天罰方式だと言われています。

猫がテーブルに乗った時、後ろからわからないよう霧吹きをかけるのが効果的です。

猫は水を嫌う動物ですから、テーブルに乗ったら水で体が濡れたと記憶するようになります。

 

霧吹きを使う場合、あくまでも天罰が起こると覚えさせることがポイントです。

この時、誰がやっているのか分かってしまわないように気をつけましょう。

飼い主の姿が見えてしまうと、「この人は嫌なことをする人」だと認識して、近寄って来なくなってしまうかもしれません。

 

天罰方式は、霧吹き以外にも「布が落ちてきて視界が真っ暗になる」など色んな仕掛けでしつけられます。

テーブルの上にガムテープを貼って、足に嫌な思いをさせるという方法もありますよ。

 

 

3.寂しさが原因の場合は同じ高さに猫の居場所を作る

もしテーブルに乗る原因が寂しさからくるものであれば、テーブルに代わる高さのくつろげる場所を用意してあげることで解決します。

椅子に猫用のベッドを置いて、そこを猫のパーソナルスペースにしてあげるのも良い方法です。

テーブルに変わる場所が見つかれば、わざわざ乗ったりする必要がありません。

テーブルに乗るのは要求をしている合図かもしれませんので、きちんと気持ちを汲み取ってあげることが大切です。

しつけをすることももちろん必要ですが、その前になぜ乗るのかを考えてあげましょう。

寂しさから来る場合は、原因を取り除く努力をしてくだい。

 

 

さいごに

食品を目的にしてテーブルへ乗る場合は、きちんとしつけをしなければいけません。

寂しさから来る場合は、しつけの前に遊んであげる時間を増やしましょう。

原因をしっかり見極めて、それに合った対策をしてくださいね^^

-猫のギモン
-

Copyright© いぬねこノート , 2018 All Rights Reserved.