サプリメント

ペットサプリの種類と選ぶポイント

投稿日:2017年6月20日 更新日:

人の健康管理に欠かせないアイテムといえば「サプリメント」ですよね。

じつはサプリメントは人だけではなく、ペット用も販売されているのをご存知ですか?

今回はそんなペット用サプリメントの種類と選ぶときのポイントをご紹介したいと思います。

愛犬・愛猫の健康管理にぜひお役立てください。

 

 

サプリメントは目的別に選ぶ

サプリメントには多くの種類があるため、目的に合わせて購入する必要があります。

たとえば、愛犬が高齢になっているならDHA、EPAのサプリメントがオススメです。

 

DHAは脳の働きを正常にする働きがあり、EPAは悪玉コレステロールや中性脂肪が増えるのを防ぎます。

コエンザイムQ10も老化予防に役立ちますね^^

 

皮膚の病気にかかりやすいなら、セサミンやビタミンEが有効です。

アイケアをしたいならルテイン、関節ケアにはグルコサミンのサプリメントと、目的に合ったサプリメントを選ぶことが重要です。

 

 

猫用サプリメントと犬用サプリメントの違い

猫はビタミンAやタウリン、アラギドン酸を食物から取る必要があります。

たんぱく質やアラギドン酸は犬よりも多く必要とするため、成分が同じでも猫用のサプリメントを犬に与えると、摂取量が多くなってしまうので、犬用と猫用は区別して使うようにしましょう。

 

 

人気のペットサプリメント

関節ケアのための犬用サプリメントで人気があるのが「毎日散歩」です。

歩いたり走ったり、階段を登るときなどに力がないように感じたら、与えることができます。

イミダゾールペプチドという渡り鳥の筋肉から取られたアミノ酸結合体が含まれており、筋力アップの効果を期待できます。

軟骨の再生を促す働きがあるグルコサミンも配合されています。

 

また、愛猫のお腹の調子が良くない時は「みごとなうんち」というサプリがオススメ。

乳酸球菌と乳酸桿菌が配合されており、1包に5000億個含まれる乳酸菌が腸内環境を良くして、便秘や下痢の改善に役立ちます。

 

 

ペットサプリを選ぶ時には

サプリメントを選ぶ際には、愛犬や愛猫に合ったものを選ぶ必要がありますが、実際に合っているかどうかは飲ませてみないと分かりません。

ただ、いくつかのポイントを知っておくと、品質の良いサプリメントを選ぶことができます。

ポイントの一つは信頼できる専門家が販売しているという点です。

 

また、動物病院が使用していて効果が出ている、電話対応でサポートしてくれる、原材料の表示が明確で食品分析に関する情報も公開している、などの点もチェックしてください。

成分に関しては合成保存料など、体に負担になるような成分が少ないものを選びます。

 

 

サプリが合わなかったときには

万が一サプリを飲ませて、体調が悪くなったりアレルギー症状が出たようなときには、すぐに使用を中止して獣医に相談しましょう。

また、症状の改善を目的に飲ませているのに1ヶ月経っても変化が無い時にも中止します。

 

-サプリメント
-,

Copyright© いぬねこノート , 2018 All Rights Reserved.