水嫌いなのは当たり前の猫にシャワーを楽しんでもらう方法

体臭の無い猫ですが、清潔を保つのにシャワーは欠かせません。

でも猫は水嫌い。

そんな猫ちゃんにシャワーを楽しんでもらうには、ちょっとしたコツがあります。

1.猫が水を嫌うのは体温を奪われるから

なぜ猫は水を嫌うのでしょうか?

それは、ご先祖様に当たるリビアヤマネコに理由が隠されています。

猫はもともと、水のない砂漠地帯で暮らしていた動物です。

砂漠地帯の動物は狩りをするのにスリムな体を保つため、水分を取ることを控えていたと言われています。

そのため少し動くだけでもかなりの体力を消耗したようです。

猫の毛は水に耐性が強いわけではありません。

それどころか、水を弾かずに濡れたらすぐに体の奥まで浸透してしまうくらいの力を持っています。

猫の表面に油分はありませんから、長時間水に濡れてしまうと体温も奪われ、最悪の場合は死んでしまうかもしれません。

このような理由により猫は水を嫌うのです。

猫の水嫌いは本能からくるものだと覚えておいてください。

2.少量の水から少しずつ慣らす

水嫌いの猫ちゃんにシャワーを楽しんでもらうには、まず水を克服させる必要があります。

猫にシャワーを当てる時は、ごく少量から始めていきましょう。

シャワーのヘッドからちょろちょろ流れる水を少しだけ体にあてます。

時間をかけて繰り返すことによって、少しずつ慣れてくれるようになるでしょう。

お湯の温度は必ずぬるめにしてあげてください。

先にもお伝えしたように低すぎると体温を奪われ、高すぎれば火傷する可能性があります。

約37度~38度の辺りで調節してあげてください。

おとなしくシャワーをさせてくれたら、ご褒美をあげることも忘れずに。

何度か繰り返しているうちに、ご褒美目当てでシャワーをさせてくれるようになってきます^^

3.顔に水をかけるのは避ける

シャワーを楽しんでくれるようになるには、注意点もしっかり覚えておかなければいけません。

猫は水をかけてはいけない場所がいくつかあります。

その1つは顔。

顔の周りはとても繊細な神経が通っているため、水をかけるとストレスがかかります。

また、目に水が入るのも猫はとても嫌います。

目と同じく耳も水が入ると病気になってしまうかもしれませんので注意です。

顔にはデリケートな部分がたくさん集まっていますから、シャワーをかけるときは首元から始めていくようにしましょう。

 

シャワーが終わったらしっかり乾かすことも忘れてはいけません。

風量の少ないドライヤーを使ったり、ペット用のドライタオルを使ってしっかりと水気を拭き取ることが大切です。

水分が完全に乾いたらブラッシングをしてフィニッシュ!

ブラッシングもドライヤー同様、とても大事な行為です。

シャワー⇒タオルドライ(ドライヤー)⇒ブラッシング

この1連の行動が終わって初めてシャワーが完了です。

さいごに

猫にシャワーを楽しんでもらうためには、猫にストレスがかからない方法を考えることが大切です。

水が怖くないことを声かけでしっかりと伝え、丁寧にお手入れしてあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。