ペットシャンプー。なぜ人間用シャンプーだとだめなのか

犬をお風呂に入れる時に使うシャンプー。

人間用のシャンプーとは違い、ペット用のシャンプーが数多く売られています。

しかしなぜペット用シャンプーでなければいけないのでしょうか?

今回はそんなギモンを調査しました!

 

 

肌の状態が大きく違うから

動物病院ではペット用のシャンプーを勧められ、人間用のシャンプーをペットに使ってはいけないと言われるのが普通です。

どうして人間用のシャンプーでは駄目なのか、それは人間とペットでは肌や毛の状態が大きく違うからです。

人間用のシャンプーは人間が快適に使えるように作られていますが、それをそのままペットに使うとトラブルが起きるケースもあります。

 

代表的なペットといえば犬ですが、犬の皮膚は中性から弱アルカリ性なのに対し、人間の皮膚は弱酸性です。

そのため、弱酸性の肌向けに作られている人間用のシャンプーを犬に使うのは問題なのです。

 

人間の赤ちゃん向けのシャンプーは低刺激だから大丈夫だと犬に使う人もいるのですが、これもやめた方がよいでしょう。

赤ちゃん向けのシャンプーは低刺激なのは間違いありませんが、それでも弱酸性の肌向けに作られていることには変わりないからです。

また、肌の違い以外にも人間用のシャンプーを使ってはいけない理由があり、それは香りの問題です。

 

 

香りや毛づくろいでの問題

犬は人間より遥かに嗅覚が発達しているので、人間ならちょうどよいシャンプーの香りも、犬にとっては負担に感じます。

ペットが猫の場合も一緒で、人間用のシャンプーを使わずに猫用のシャンプーを使ってください。

 

犬も毛づくろいするを場合がありますが、猫にとっては毛づくろいは欠かせないものなので、人間用のシャンプーの成分が口に入る恐れもあります。

やはり動物病院の指示通りにシャンプーを選ぶのが重要ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。