一緒にお出かけする方必見!SA内のペット用施設

昔はペットと旅行するのが一般的ではなく、ペット用の施設もほとんどありませんでした。

しかし、今ではペット用の施設はかなり増えており、高速道路のサービスエリアは相当に施設が充実しています。

 

定番のペットといえば犬ですが、自動車での移動でストレスを感じる子も多いものです。

サービスエリアの定番のペット用施設はドッグランで、リードなしで犬を遊ばせてもよい施設です。

それぞれのサービスエリアで特徴は異なりますが、小型犬用と大型犬用といった感じに分けられているところが多く、犬種を問わず運動を楽しめます。

 

また、ドッグランがないサービスエリアであっても、遊歩道などペットと散歩できるスペースが用意されているケースも珍しくはありません。

ドッグランを備えているサービスエリアが近くにない場合は、散歩できるところで気分転換するのが効果的です。

ペットを連れずに出かけるなら休憩を避けて移動を優先するのも手ですが、ペット連れの場合はストレスを解消させることが重要です。

ドッグランがないサービスエリアもまだまだ多いですが、それでも2時間程度を目安にして犬を遊ばせてあげるとよいでしょう。

 

他にもペット用の水のみ場や洗い場を用意しているサービスエリアも多く、飼い主にとってもペットにとっても心強い存在です。

そして、飼い主として忘れてはいけないのがペットの排泄物の処理。

そこで排泄物を捨てるための専用のゴミ箱を用意しているサービスエリアもあります。

ドッグランがあるサービスエリアなら水のみ場や洗い場、ペット用のゴミ箱を備えているのが普通ですので、飼い犬との時間を楽しんでください。

 

サービスエリアの昔と今で大きく変わった点として、ペットを同伴してもよい飲食店が増えたことも挙げられます。

どのサービスエリアも飲食店には力を入れていて、ペット同伴可のレストラン、カフェも増えてきました。

リードフックが用意されている、ペットと過ごすための専用のテラス席があるなど、それぞれ独自の魅力があります。

 

 

飲食店やお土産店

長時間の運転はペットだけでなく、飼い主にも大きな負担がかかりますが、そんな時こそペット同伴可の飲食店でリラックスするのが重要です。

飲食店と同様にサービスエリアが力を入れているのがお土産店ですが、ペット用のお土産店もあります。

ドッグフードなどのペット用品から、ペットのためのおやつなど、様々なアイテムが販売されているのです。

一緒にお出かけした記念に、何かお土産を購入するのもよい思い出づくりになります。

 

⇒ドッグランがあるパーキングエリア(PA)とサービスエリア(SA)一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。