ロシアンブルーの値段・特徴・性格・飼育時の注意点

美しい瞳とシルキーの被毛がとてもすてきなロシアンブルー。

「凶暴」「ツンデレ」といわれていますが実際のところどうなんでしょうか?

今回は、そんなロシアンブルーについてご紹介していきたいと思います。

 

 

【ロシアンブルーの歴史】

ロシアンブルーは、ロシア北西部で自然に生まれた品種だといわれています。

さまざまな名前を持っていて、たとえば「アルハンゲルキャット」というのはロシアのアルハンゲル島にいたから、あるいはアルハンゲリスク港から連れて来られたからだ、という説がもとになっています。

ほかにも、「フォーリンブルー」や「スパニッシュキャット」などの呼び名があり、アメリカでも20世紀はじめごろまでは、「マルティーズキャット」と呼んでいました。

 

気品を感じさせる毛並みの美しさに、古くからロシア貴族などに愛玩用として飼われていたようです。

その存在が広く知られるようになったのは、1860年ごろにイギリスへ渡ったことがきっかけでした。

1875年には、クリスタル・パレスのキャットショーで、「アークエンジェル(アルハンゲル)キャット」として出場した記録が残っています。

 

イギリスから北欧にかけて人気が広まっていきましたが、第二次世界大戦によって数が減ってしまい、絶滅の危機がおとずれました。

ブリーダーたちは、イギリスやアメリカでブリティッシュブルーとシャムとの交配で、どうにかこれを乗り切ります。

イギリスがロシアンブルーの原産地とされることがあるのは、これが理由です。

現在では、日本をはじめ、世界中で根強い人気をほこっている品種です。

 

 

【ロシアンブルーの値段(相場)】

ロシアンブルーの平均価格は、ペットショップで13~38万円、ブリーダーから購入するなら10~28万円程度です。

基本的に、生まれて間もないころの子猫ほど高く、店頭に並ぶ生後2ヶ月からは次第に値下がりしていきます。

ペットショップでは安売りキャンペーンなども行われることがあるので、安く手に入れたい人はチェックしておくとよいでしょう。

血統が良いとかなり上限も高くなりますが、ベースは10~15万円と一般的な猫とそれほど変わりません。

 

 

【ロシアンブルーの毛色】

ロシアンブルーは、名前に色が入っていることから分かるように、あくまでソリッドパターンのブルー以外は公認されていません。

目の色も、グリーンのみが公認されています。

色としては、青というよりシルバーといったほうが近いかもしれません。

1本1本が光によって輝きを持つので、とても美しく高貴な印象を人にあたえます。

 

 

【ロシアンブルーの特徴・性格】

ロシアンブルーの特徴は、何といってもその柔らかく美しい毛並みでしょう。

頭部は「コブラヘッド」と呼ばれるくさび形で、とてもスリムな体型をしています。

脚も長く、まるでつま先立ちしているようなその歩き方には、貴族のような気品を感じます。

エメラルドグリーンの瞳は吸い込まれるような鮮やかさで、口角が微笑しているように上がっていることから「ロシアンスマイル」とも呼ばれます。

 

とてもおとなしい性格も、人気の理由のひとつです。

子猫のときからおとなしく、「ボイスレスキャット」と呼ばれるように、鳴き声もほとんど上げません。

飼うときに近所迷惑を心配する必要はほとんどないでしょう。

 

飼い主には、はじめのうちこそ警戒心を見せますが、慣れると犬のような忠実さを見せます。

とても賢いので、犬のようにボールを取ってくる遊びをおぼえることもあります。

トイレなどのしつけもしやすく、ダンボールで引っかく練習をさせておけば、爪とぎで問題を起こすこともありません。

 

基本的にはシャイな性格で、見知らぬ相手には姿を隠してしまいます。

騒がしい場所も好まないので、できれば飼い主とゆっくり二人だけの時間を過ごせる環境がよいでしょう。

独身の人や高齢者には、とても安らぎの時間をあたえてくれる猫です。

 

 

【ロシアンブルーの飼育時の注意】

運動量が多く、活発に動き回るので、キャットタワーなどを用意してあげましょう。

餌もよく食べるので、太らないように気をつけてあげる必要があります。

 

短毛種ですが、寒い地域の出身なので毛が厚く、日本の暑さは苦手です。

夏に留守にするときには、かならずクーラーで快適な温度を保つようにしておいてください。

寒さにも強いわけではないので、温度管理はとても重要です。

 

季節の変わり目になると、抜け毛が多くなります。

その時期は、特に丁寧にブラッシングをしてあげましょう。

毛は手入れすればするほど光沢を増し、美しくなっていきます。

 

飼い主には体を触れられても嫌がりませんが、知らない人間にされるのをとても嫌がります。

お客さんを迎えるときは十分に注意して、ストレスをあたえないようにしてください。

ただしこういった警戒心の強さは、最近ではブリーダーの努力によってかなり改善されてきているようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。