ペットを飼う方必見!ペットショップ選びのコツ

利用してはいけないペットショップもある

ペットを探している場合、ブリーダーから譲ってもらうという選択肢もあるものの、やはり多いのはペットショップで購入するパターンです。

色々なペットを探せるペットショップは動物好きな人にとっては心地よい空間ですが、一方で利用してはいけないペットショップがあるのも事実です。

ペットショップ選びのコツは、販売されているペットに負担をかけているところを避けることです。

 

 

営業時間や衛生面を確認する

販売されているのはまだ小さな子が大半ですから、何らかの原因でストレスを感じていると健康の方にも影響が出ます。

ストレスにより寿命の方に影響が出ることも十分にあり得るので、ペットに負担をかけているペットショップは問題なのです。

具体的には、夜遅くまで営業しているようなところは、かなり危険であると判断できます。

ペットは自分たちより遥かに大きな人間に見られて過ごしているので、それだけでも十分にストレスがかかっており、営業時間が長ければ長いほどにストレスによるリスクは大きくなるのです。

ペットショップの方も商売でやっているので利益を求めるのは当たり前なのですが、夜遅くまで営業しているところは利益を優先する傾向が強いと判断できます。

 

ショーケースを清潔にしていないペットショップもありますが、これも衛生面では問題です。

環境が悪いと病気になりやすく、そのような、ペットに気を遣っていないペットショップも危険です。

先に書いたようにブリーダーからペットを譲ってもらう方法もあるものの、そのブリーダーに問題があるケースも珍しくはありません。

大量に繁殖させて売りさばくようなブリーダーも残念ながら存在するので、ペットショップでブリーダーの情報が出ているかは重要なポイントです。

悪質なブリーダーは名前を出すのを避ける傾向にあり、ブリーダーなどペットの生い立ちに関わる情報が少ないペットショップも問題です。

 

 

まとめ

ペットショップの良い悪いを確認するには必ずこの3つのポイントを押えておきましょう。

  • 営業時間を調べる(夜遅くまで営業していないか)
  • ショーケースが清潔に保たれているか
  • ブリーダー情報が公開されているか

この3つのポイントを参考に、「ペットの健康のことを気づかっている」ペットショップで、あなたに合ったペットを探してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。