お役立ち情報

実際に住んだからわかる!ペット共生型マンションの体験談2

投稿日:2017年5月27日 更新日:

現在1年目。フレンチブルドック1匹と一緒にペット共生型マンションに住んでみた女性の体験談

【ペット共生型のマンションを選んだ理由】

以前、フレンチブルドックと一緒に住みやすい家を探していたところ、ペット共生型マンションを見つけて住んでいました。

引越し前はペット可のマンションに住んでいましたが、友人が遊びに来た時に「犬の臭いがする」と指摘されたり、隣人などがペットを飼っておらずいつも臭いや音・鳴き声などを気にしながら生活していました。

そんな気兼ねをしながら生活するのが嫌で、ペット共生マンションを探し入居しました。

 

 

【ペット共生型のマンションの設備について】

ペット共生マンションは、床もクッションフロアになっており、音を気にしないで済むようになりました。

それだけではなく、クッションフロアのため犬が走り回る事ができるようになり、その姿を見ているだけで幸せな気分になれます♪

以前のマンションの時には床がフローリングのため犬が歩きにくそうでしたので・・・

(フレンチブルドックは、足腰に負担が掛かると健康を害してしまうのでいつも心配していました)
また、友人から指摘されるほど室内にこもっていた犬の臭いも、ペット共生型のマンションだと各部屋に換気扇が設置してあるので、こもる心配もありません!

周囲の人がみんなペットを飼っているので、臭いに対しても意識せずに済むようになりました^^

 

音の面でも以前のマンションでは苦情にならないように、犬が動き回ると抱き上げたりして音に対して神経を使っていました。

しかし、共生型のマンションは遮音性もしっかりとしているので、犬が動き回っても気にしなくていいのが嬉しいです。

何より、周囲の人がペットを飼っている人なので気を使わなくって良くなり精神的に楽になりました。

 

私が気を使う事で、犬もストレスを感じていたようで、今の共生型マンションに引っ越してからの方が犬が伸び伸びとしている気がします笑

共生型のマンションは、多くの人が動物を好きな人ばかりなので、何かあってもお互い様という雰囲気があるので本当に楽に暮らせるようになりました。

 

ペット共生型マンションというだけに、ペットを飼っている人に便利な工夫が多くあり、玄関にあるリードフックなどはとても便利で助かっています。

ペット専用のスペースもあり、我が家ではそこに犬の寝床を作っています。

ぐっすり寝ているその姿を見ているだけで、ペット共生型にして良かったと思います^^

 

 

さいごに

最近では「ペット可」というマンションも増えていますが、ペット可ではペットを飼っていない人も多く、中には動物が嫌いな人もいて神経を使います。

しかしペット共生型マンションの場合には基本的に動物が好きな人が多いので、ペットと伸び伸びと暮らす事ができます。

ペットと飼い主さんが快適に暮らすには、ペット共生型のマンションの方が安心です♪

 

-お役立ち情報
-

Copyright© いぬねこノート , 2018 All Rights Reserved.