ペット保険の賢い選び方:立替請求型のメリット・デメリットについて

立替請求型にはどんなメリットがある?

ペット保険の保険金の請求方法には、窓口割引型の他に立替請求型というのもあります。

この方法では、対象病院で治療を受けた後に診断書を発行してもらい、治療費を全額支払います。

その後、診断書と請求書を保険会社に送り、審査を経て問題が無ければ指定の口座に保険金が振り込まれます。

 

この支払方法のメリットは、保険に入っていることをこちらから言わなければ、獣医にはそのことが事前にわからないので、なるべく費用がかからない方法で治療してもらえるという点です。

また、窓口割引型の清算方法を採用している病院は数少ないですが、立替請求型は従来の方法なので、どこの病院でも対応してもらえます。

立替請求型の保険は保険料の額も低めに抑えられていることが多いのもメリットになります。

 

 

立替請求型にはどんなデメリットがある?

立替請求型のデメリットは、治療を受けるたびに保険会社に保険金を請求しなければならないので、手間と時間がかかるという点です。

また、治療費をいったん全額払う必要があるので、高額治療になった場合は、一時的な負担が大変になるという点もデメリットでしょう。

さらに病院によっては診断書の発行に手数料がかかることもあります。

また、保険会社への書類の提出に不備があると受理されない、保険会社からの保険金の振り込みが規定の日数よりも遅れるなどのトラブルが起きることもあります。

 

 

立替請求型にするか窓口割引型にするか?

ペットの数が多い方や病院へ連れて行くことが多い方で、「多少保険料は高くても毎回の手続きを簡単にしたい」という方には、窓口割引型が合っています。

また、一度に多額の費用を支払えないという方も窓口で清算できた方が便利でしょう。

もし手間がかかっても保険料が少ない方がいい、一時的に多額の費用を支払うとしても問題ないという方なら、立替請求型がいいでしょう。

保険に入っていることがわかって、不要な高額の治療を施されることに対して不安がある方も立替請求型がオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。