ペット保険の賢い選び方:待機期間と補償開始日とは?適用されていない期間には支払われない可能性も!

待機期間とはどんな期間か

ペット保険には待機期間があり、すぐに保険を利用したい人にとっては重要なポイントです。

すでにペットが病気にかかっていたり、怪我をしてる場合に保険を利用しようと企む人がいないとは限らず、待機期間はそのような考えを防ぐ意味合いがあります。

 

ペット保険の待機期間とは、保険に加入してから実際に保障を受けられるようになるまでの期間のことです。

この待機期間は商品によって異なるので、契約するまでに必ずチェックする必要があります。

また、待機期間が一律で決まっている商品もあれば、怪我や病気・がんなどによって待機期間が異なる商品もあるのです。

 

ペットにもし何かあったら、そう考えると待機期間がない商品を選びたくなるのは当然のことですが、他の条件も大事です。

ペットが長生きする限りずっと付き合っていくのがペット保険なので、待機期間以外の要素の方もしっかりと検討した上で契約するとよいでしょう。

 

 

補償開始日もチェックが必要

ペット保険には待機期間以外に補償開始日というものがあり、こちらは保険の期間の初日のことで、実際に補償が開始される日とも言い換えられます。

待機期間がなしのペット保険であっても、支払い後すぐに補償が受けられるとは限りません。

 

クレジットカードだと翌月の1日から補償が受けられるが、郵送だと翌々月の1日から補償が受けられるなど、支払い方法によっても補償開始日が異なる場合があるので、待機期間のみに注目するのではなく補償開始日についてもチェックが必要です。

 

 

待機期間にトラブルが起こる可能性も

ペット保険の待機期間は、契約済みであっても補償がされない期間です。

契約してから実際に保障が開始されるまでは空白期間があるので、この期間内に動物病院に行っても保険は下りません。

ペットが病気にかかった場合、それが保険の契約前のことだったのか、契約後のことなのかを判断するのは極めて難しいのです。

そのため、ペット保険では待機時間を設けており、一定期間が経過しない限りは補償はされません。

 

怪我は病気と比べればいつ起こったのか確認しやすいものの、怪我の待機期間も存在します。

待機期間がどれくらいかは商品によって異なり、全く待機期間がない商品もあるので、補償を受けられない点を不安に感じている人にとっては心強い存在です。

 

条件がよいものの待機期間が長いペット保険を契約し、運悪くペットが待機期間の間に体調を崩した場合、全く補償が受けられないのが難点です。

もちろん、そのようなタイミングが悪いケースはほとんどありませんが、それでも病気はいつ発症するかは分からず、絶対に起こらないとも限りません。

 

 

待機期間があるのは契約直後だけ

そのため、待機期間の短い商品を選ぶか、仮に病気や怪我などのトラブルで治療費がかさむリスクを背負ってでも待機期間が長い商品を選ぶか、これは重要なポイントです。

待機期間があるのは契約直後だけであり、2年目以降には発生しないので待機期間を重視せずに商品を選ぶ人も珍しくはありません。

補償の適用がない期間に何かあったらどうするか、その辺りもシミュレーションした上で保険を選ぶとよいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。