ペット保険の賢い選び方:窓口割引型のメリット・デメリットについて

窓口割引型にはどんなメリットがあるか

ペット保険の保険金請求方法に窓口割引型というのがあります。

従来は先に自分で治療費を支払って、その後保険会社に保険金を請求するという方法でしたが、窓口割引型ならその場で清算できます。

ペット用の健康保険証を提示して、治療の総額から補償される分の金額を引いた分だけ支払えばいいわけです。

 

この方法だと、改めて保険会社に保険金を請求するという手間がかからないというメリットがあります。

健康保険証を提示すれば、獣医もあらかじめこのペットは保険に入っているということがわかります。

獣医がどの薬剤を使うか迷った場合、ペット保険に入っていないとたとえ効き目があっても高額の薬剤を使用するのは躊躇しがちです。

しかし保険に入っていることがわかっている動物に対しては、高額の薬剤を選択するのも容易になります。

 

 

窓口割引型にはどんなデメリットがあるか

質の良い治療が受けられるというメリットがある反面、悪用されて不必要な高額の治療を施されるリスクがあるというデメリットもあります。

また、保険会社と動物病院の間で、保険金の請求に関わる明細を確定する必要がありますが、同じ治療でも病院によって費用が異なります。

それにより保険会社は個々の病院に対し、保険金請求にかかわるシステムを準備し、なおかつメンテナンスをする必要があるので膨大な費用がかかります。

 

また、保険会社はどの治療が保険対象になるかを獣医にはっきりと知ってもらう必要があるため、そのための教育費用もかかります。

その結果、加入者が保険会社に支払う保険料が高くなってしまうというデメリットが生まれます。

 

 

窓口割引型の保険プラン

窓口割引が可能なプランには、アニコム損害保険の「どうぶつ健保ふぁみりぃ」やアイペット保険の「うちの子」があります。

どちらも、対応動物病院で受診して保険証を示せば窓口で保険が適用されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。