タバコを吸う人は必見!タバコがペットに与える影響とは?

タバコはペットの健康に悪影響が

受動喫煙の問題は世間で話題になることも多く、タバコとどう向き合っていくかは日本にとっても重要なポイントです。

タバコの問題点は、本人以外に対しても受動喫煙による悪影響が出る点ですが、意外と忘れられやすいのがペットとタバコの問題です。

人間でも受動喫煙による被害が出ているくらいなので、当然ながら犬や猫などのペットでも同様の問題があります。

 

また、ペットは人間と比べて小さく、床に近いところにいるのが普通なので、よりタバコの悪影響が出るのです。

タバコに含まれている有害物質は床に落ちていくので、人間よりも小さな生き物の方が被害を受けやすく、ペットにとっては害しかありません。

 

 

電子タバコもペットには有害

「ペットの前で吸わなければ大丈夫」

そのように考えてたばこを吸う飼い主の人もいるのですが、これも良くありません。

猫は毛づくろいで口の中に色々な物質が入りやすく、タバコを吸ったならその成分が口に入ることも十分にあり得るのです。

 

飼い主がタバコを吸う場合、犬や猫などのペットはがん、リンパ腫などの重大な病気を発症する確率が高まります。

電子タバコは、リキッドの原材料であるプロピレングリコールが猫に対して悪影響と認められているので、普通のタバコとはまた違った悪影響が出るのです。

 

もちろん、人間でもまるで受動喫煙の影響が出ない人もいるように、必ずペットに悪影響が出るとは限りません。

しかし、家族としてペットを飼うのであれば、タバコを吸わず、ペットが健康に生きられるように配慮するのが飼い主の努めと言ってもよいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。