ペットに関する資格を短期で取得する方法と費用

同じ資格でも通信講座は複数ある場合が

ペットの資格を取得するためには、スクールか通信講座で学ぶのが一般的です。

本格的に学ぶならスクールなのですが、時間に融通が利く通信講座は主婦にも人気があります。

ただ、通信講座にも種類があり、同じ資格であっても複数の会社が通信講座を手がけているケースは珍しくありません。

 

 

短期での合格を目指せる通信講座を

ペットに関する資格を短期で取得するなら、勉強時間を増やし、さらに通信講座を比較検討するのが重要です。

会社が違えば教材の中身も変わり、添削回数や目安である学習期間などにも差が生まれます。

そのため、短期での資格取得に向いている通信講座を選ぶことで、合格までの期間を短くできるでしょう。

費用の方に注目するのは自然なことですが、重要なのはやはり内容です。

 

 

受講料と試験料について

通信講座でペットに関する資格を取得するには、どうしても費用がかかります。

受講料と試験料が分かれているもの、両方をまとめているものなどそれぞれの通信講座で差があるのです。

日本愛玩動物協会が認定する愛玩動物飼養管理士の場合は受講料と試験料が分かれており、2級の受講料は28,000円で試験料が5,000円。

1級の受講料は30,000円で試験料が5,000円とかなり費用面での負担は少ない部類です。

日本ペットアロマテラピー協会公認のアロマアドバイザーの資格の場合、一括での受講料が36,000円で、こちらもリーズナブルな設定です。

 

 

費用がかかる資格

一方で、ヒューマンアカデミーのブリーダー講座の場合は12回払いで月々の支払いが7,700円と、総額がかなり高めに設定されています。

最終的な費用はそれぞれ違うので、家計への負担も考慮した上で申し込んでください。

※費用は2017年現在

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。