猫が食べてはいけないもの【種類別】

猫を飼う飼い主さんが一番注意しなければいけないこと。

それは「猫が食べてはいけないものを食べさせないようにする」ことです。

今回ご紹介する食品の中には最悪の場合、死に至ることもある食品があります。

それらの食品を飼い主さんがしっかりと把握して、普段から注意してあげて下さいね。

 

 

ねこが食べると危険な食品・食材一覧

ネギ類(タマネギ・長ネギ・ニラ・にんにく)

タマネギやニラなどのネギ類は、猫の赤血球を壊す成分(アリルプロピルジスルフィド)が含まれており、食べてしまうと貧血や血尿などの症状を引き起こします。

最悪の場合、死に至ることもあり絶対に食べてはいけないものとして有名です。

万が一食べてしまった場合は、すぐに症状ができるわけではありませんので、動物病院に連絡して適切な処置をしてもらいましょう。

 

 

チョコレートなど

チョコレートやココアなどカカオが含まれている食品もNGです。

カカオに含まれる成分(テオブロミン)が中枢神経に影響を与え、中毒症状を引き起こします。

量によっては死に至ることもあるので、食べたらすぐに吐き出させ、急いで動物病院に連れていって下さい!

 

 

コーヒー・紅茶

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインが中毒症状を引き起こします。

死に至ることは少ないと言われていますが、食べてはいけないものであることにかわりありません。

コーヒーや紅茶の他に、緑茶・ウーロン茶・コーラなどにもカフェインが含まれています。

 

 

生魚・エビ・カニ・イカ・タコ

某アニメでもくわえている魚が意外にもNG

魚以外にもエビ・カニ・イカ・タコに含まれる成分(チアミターゼ)がビタミンB1を分解し、ビタミンB1欠乏症になります。

ビタミンB1が足りなくなると、様々な症状が現れるため絶対に与えてはいけません。

また魚の場合、骨がノドや胃腸に刺さり傷つけてしまう危険性もあります。

 

 

貝類

「アワビを食べると耳が落ちる」

そんな言葉もあるほど貝類は猫にとって危険な食べ物です。

貝が海草を食べて葉緑素(クロロフィル)を分解し、生まれた成分(ピロフェオホルバイドa)。

この成分を含んだ貝を猫が食べてしまうと、耳などの皮膚が薄い部分が日光にあたるだけで、腫れたり炎症を起こしたりします。

 

 

生肉

生肉はペット用として販売されている鹿肉や馬肉は問題ありません。

しかし、人が食べる用としてスーパーなどで売られている生肉は消化不良を起こすこともあります。

また、生の豚肉には寄生虫(トキソプラズマ)がいる事もあるので与えないほうがいいでしょう。

 

 

牛乳

人間用の牛乳は栄養豊富で肥満の原因になります。

また、牛乳に含まれる乳糖を分解する成分(ラクターゼ)が不足している場合が多いので、牛乳を与えるときは猫用のミルクがオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。