便利グッズ

猫のしつけ用に便利な超音波発振器の主な特長について

投稿日:2017年8月9日 更新日:

猫ちゃんのしつけとしてとても有効なのが、超音波発振機です。

名前だけ聞くといかつい感じがしますね笑

でも正しく使えば、手強い子でも上手にしつけられるので覚えておいて損はありませんよ^^

 

 

1.超音波発振器は猫の糞尿被害に悩む人のために作られた

超音波発振機は、猫が外から侵入してくるのを防ぐために開発された、猫の撃退グッズです。

猫は人間に比べて聴覚が鋭く、様々な超音波が聞こえると言われています。

その聴力は、人間の8倍から20倍あるとされています。

 

超音波はモスキート音と呼ばれる高い音域で構成され、猫にとっては耳障りなもののようです。

このような猫にとって不快な音を出す超音波発信機を使うことにより、しつけをすると言う方法があります。

 

超音波発振機の音が聞こえると、猫にとっては耳がキーンとなるのでとても嫌がります。

感知センサーが付いているものもあり、猫が通過すると自動的にその音を出すように作られています。

しつけには、かなり有効とされているアイテムの1つです。

 

 

 

2.立ち入り禁止の場所において撃退する

超音波発振機の使い方は、侵入して欲しくない立入禁止区域に置くと言うのが主流のようです。

きれいな花が咲いているガーデンはもちろんのこと、家の中では漁って欲しくないゴミ箱や、食べ物が置いてあるキッチンに置く人もいます。

ずっと超音波を発しているわけではないので、家の中に置いても猫が常に不快な思いをするわけではありません。

それでいて、入って欲しくないところに入った途端センサーが稼働して超音波を発信するわけですから、とても便利なアイテムです^^

 

センサーを感知する範囲は、大きいものだと6メートル前後にも及ぶので、1つの部屋に1つ置いておけばじゅうぶんな効果を発揮してくれるでしょう。

ただし、超音波発振機は猫にかなりのストレスを与えることがあるため、最終手段として使ってください。

値段も少々値が張るので、しっかりした丈夫なものを選ぶようにしましょう。

 

 

3.他のしつけを加えると大きな効果を発揮する

超音波発振機は他のしつけと併用することで、さらなる効果を発揮することができます。

例えば、立ち入ってほしくない場所の入り口にガムテープを貼ってみるなどの方法です。

ここに入ると嫌な音が聞こえる上、足にネバネバしたものがひっつくと言う猫にとっては悲惨な経験が起こるわけです。

先にもお伝えしたように、猫は嫌な経験をいつまでも覚えていますから、これを繰り返しているうちにいたずらや立ち入ってほしくない場所には近づかなくなっていくでしょう。

 

発信機の置いてある禁止区域が目の届くところにある場合は、近づいた時に天罰方式を食らわせるのも効果的です。

立入禁止区域に入った瞬間、後ろからさりげなく霧吹きをかけてみたり、大きな音をしてものが落ちてきたりするようなしかけを作りましょう。

こうすることで、嫌な音はするわ天罰は下るわで猫はこの場所がやがて嫌いになってくれるはずです。

 

 

さいごに

どのしつけもそうですが、最初の1回だけでは効果を見込む事は難しいです。

あせらず急がず、何度も繰り返して続けてみてください。

継続は力なりと言う言葉があるように、続けていくことでしつけをすることが可能になっていきます。

超音波発振機は、正しい使い方をすればとても効果を発揮してくれるアイテム。

とは言え、やり過ぎは猫にとってストレスを与えるのであくまでも最終手段として覚えておいてくださいね。

-便利グッズ
-

Copyright© いぬねこノート , 2018 All Rights Reserved.