嫌がる場合どうしたらいいの?定期的にやっておきたい猫の爪切り

猫ちゃんが嫌がるお世話の1つに、爪切りがあります。

爪を切ろうとしても暴れてうまく切れない、とお悩みの飼い主さんも多いんじゃないでしょうか?

そこで今回は、おとなしく爪切りをさせてくれるための、有効な方法をご紹介します!

1.爪きりの前に足を触っても嫌がらない訓練をする

猫が爪切りを嫌がるのは、慣れていないからです。

そこで、爪切りに慣れてもらうために少しずつステップを踏んで、爪切りを慣らしてあげましょう!

猫を爪切りに慣らすためには、まず足を触ることから始めてください。

猫の肉球や足先は、敏感だと言われていて、触られるのを嫌います。

そこでまず「前足を触られても平気」と思うぐらい、爪切りをする前に足に触れ、触られる事に慣れさせていきます。

足が触れるようになったら、今度は声かけをしながらそっと爪を切りましょう。

この動作を少しずつ繰り返して、徐々に慣らしていきます。

 

少しでも嫌そうな素振りを見せたら、すぐその場で止めること。

嫌がっている時に無理に爪切りを続行してしまうと、爪切りが嫌いになり今後させてくれなくなってしまうかもしれません。

爪を切る時にも注意が必要です。

爪は、ピンクの透けている部分に当たらないように気をつけてください。

ピンクの部分は、猫にとって血管にあたりますので、間違って切ってしまうと人間でいう深爪になり出血してしまうことがあります。

深爪になると人間と同じくとても痛い思いをしますから、爪を切る場所はしっかりと確認して行ってあげてくださいね。

2.爪切りを常に視界へいれて恐怖心を持たせないようにする

爪切りを嫌がらせないようにするポイントは、怖くないと認識させること。

グルーミングの時だけ爪切りを出すのではなく、普段から猫ちゃんの視界に入るような場所に置いておきます。

危なくない程度でなら、爪切りをおもちゃに見立てて遊んであげるというのもいい方法です。

猫の爪切りに対する恐怖心さえなくなれば、おとなしく爪を切らせてくれるでしょう。

  1. 【爪切りをするとイイコトがある】
  2. 【爪切りは怖くない】
この2つを意識しながらしつけることが、嫌がらないためのコツになります。

爪切りを怖い物の対象にしないことはもちろんですが、タイミングを見計らうのも忘れずに。

嫌がる時に無理矢理爪切りをしてしまうと、猫にとってトラウマになるかもしれません。

そうならないように、飼い主さんが細心の注意を払ってタイミングを考えてあげることも大切です。

3.猫の睡眠時や機嫌がいい時を見はからってトライする

爪切りをするのにベストなタイミングは、猫が寝ている間です。

熟睡してる時に足を持ってみて、起きるそぶりがなければ素早く切ってしまうと言うのも方法の1つです。

途中で起きて嫌がる素振りを見せたら、すぐにやめましょう。

爪切りは1度にやってしまわないということを念頭におくと、うまくできるようになります。

 

寝ている間以外にも洗濯ネットに入れて足や手を出すといった方法もあります。

体のちっちゃい子猫であれば、タオルを巻いて手足を出してカットする飼い主さんもいるようです。

ただしこの方法は、猫にとって恐怖感を植え付ける可能性があります。

特に洗濯ネットに慣れていない場合は、慣れていないところに急に入れられ手足を出された状態で爪切りをされるわけです。

恐怖心が生まれるのも、無理はありませんよね?

猫のことを思っての事かもしれませんが、この方法は最終手段だと考えてください。

さいごに

爪きりは根気よく回数を重ねて、少しずつ行いましょう。

寝ている時にできないかどうかをトライして、それでも無理な時はこの方法を使うのもありだと思います。

いずれの方法も、おとなしくできたらその都度ご褒美をあげることを忘れないようにしてください。

慣れてくれば、大人しくやらせてくれるようになるのも夢じゃありませんよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。