どうしたらいいの?発情期を迎えた猫の行動と対策の方法

今回は発情期の見分け方や対策などを、ご紹介したいと思います。

猫は発情期になると普段とは異なる行動をする様になるので、トラブルにならないために発情期のサインをしっかりと覚えておきましょう。

オスは子孫繁栄のため気性が荒くなる

猫が発情する時期は2~4月の春先や、6~8月の夏などに多く見られます。

発症期間は個体差がありますが2週間~3週間前後で、この周期を一定期間繰り返すのが発情期です。

オスはより強い子孫を残すために優秀なメスを探します。

優秀なメスは他のオスからも求愛行動を受けるため、取り合いになる事も珍しくありません。

一方、メスも優秀な子孫を残すために強いオスを選びます。

その為にオスはケンカに勝てる強さを備えなければならないのです。

発情期のオスはまわりがすべて敵に見えている場合があり、飼い主を見てもライバルとしかみなせなくなる子もいるため、攻撃的になってしまうのです。

メスはオスを誘惑するような行動が見られる

メスは発情期になると連続して高い鳴き声を出し続けます。

アオーンやミャオーンなど、普段とは明らかに違うのですぐに判断がつくでしょう。

身体を飼い主や家具、床にこすりつけたりもします。

これは自分の匂いを至るところに付けて存在をアピールする時に見られる行動です。

床に伏せておしりを突き上げるようなロードシスという姿勢も発情期の特徴。

交尾の時はこの格好でオスを受け入れるため、いつでも交尾が出来る準備を整えていると言われています。

家具や壁などにしっぽを高く上げたままお尻をこすり付ける様におしっこして、自分の匂いをアピールする行動をスプレーと言います。

中には発情期にスプレーをしない子もおり猫によって差があります。

発情期はスプレーだけでなく、おしっこの回数が増えることもあるため、酷い時は布団やソファーなどトイレ以外の場所でおしっこをしてしまうかもしれません。

手術で症状を抑えることが可能

発情期を抑えるのに最も効果的なのは手術です。

オスは去勢手術、メスは避妊手術と言い、子宮と精巣自体を除去します。

全身麻酔を使う手術の中では比較的安全で、日帰りで帰れる動物病院もあるのが特徴です。

手術の時間自体はとても短く、麻酔をかけて目覚めるまでに1時間もあれば終わります。

 

また、多くの市町村は手術に対して助成金を出しています。

自治体によって条件は様々ですが、ほとんどの場合は領収書を持って手続きに行けば受けられます。

ただし、どちらの手術も生後6ヶ月を過ぎてないと受けられません。

神戸市の場合

▼助成対象

  • 神戸市内でメス猫(応募時点で生後6ヶ月以上)を飼育している飼い主の方
  • これから不妊手術を行おうとする方

※ 助成は年間1人1匹までです。

※ 必ず不妊手術を行う前に応募してください。

 

▼助成内容

神戸市獣医師会所属の協力動物病院での手術料金のうち、1割を助成します(助成額の上限は2,500円まで)

※ 料金は各動物病院によって金額が異なりますので、事前にご確認ください。

引用元:【神戸市】飼い猫(メス)の不妊手術助成のご案内

発情期は早い子だとメスが3ヶ月から、オスが12ヶ月から現れます。

メスの場合は手術をする体力がじゅうぶんに備わっていない可能性があります。

発情期の症状が見られたらまずは獣医さんに相談してみましょう。

まれに体質や病気が理由で手術を受けられない子もいますから、事前に手術ができるか調べておくといいでしょう。

さいごに

猫の発情期は飼い主にとっても辛い体験です。

少しでもおかしな行動を見せたら獣医さんへ相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。