猫は室内飼いした方が良いの?飼い方の注意点について

猫を室内飼いする時はいくつかポイントがあります。

愛猫にとって快適な部屋にするために、今回は室内飼いにオススメのグッズをご紹介しましょう。

猫だけが安心出来る場所を作る

猫は縄張りを持つ動物です。

猫ちゃんとお家で快適に過ごすためには、まずパーソナルエリアを確立させないといけません。

自分にとって快適だと感じる場所がないと、家具や布団に排泄をしてしまう可能性があるからです。

この行動はマーキングといい、近くに自分の臭いがない時によく見られます。

初めて猫ちゃんをおうちに迎え入れる場合は、安心できる空間を作ってあげましょう。

安心できる空間へは、飼い主さんの匂いのついた毛布や着なくなった洋服を敷いてあげるのもいいかもしれません。

仕事が忙しくて日中家を空ける時はお留守番が快適になるよう、色んな場所へくつろぎグッズを用意してあげましょう。

くつろぐ場所はなるべく高いところに設置する

猫ちゃんは高い所に自分の居場所があると安心します。

常に縄張りを見張ることができるだけでなく、敵から身を潜めやすいからです。

外の猫は木の上に登ってこれらを行いますが、もちろん家猫にも同じことが出来る場所が必要です。

家猫の場合この役目を果たしてくれるのがキャットタワーで、様々な高さから見渡せる階段式のものがオススメです。

部屋全体が見下ろせる場所に置いてお気に入りの猫ベッドを敷いてあげると、さらに使いやすくなります♪

多頭飼いの場合、怖がりで自分の居場所を確保出来ない子は、粗相や夜泣きといった問題行動で自分を主張することがあります。

これらも高い所に居場所を作ることで、多くの問題を解決することが可能です。

また、猫は外を見るのが大好き♪

室内飼いを完全にする時は、窓から景色がよく見える場所にキャットタワーを設置すると、ますます気にいってくれるでしょう。

退屈しないようなおもちゃをいくつか用意する

猫の語源は「寝る子」だと言う位、猫は1日の半分以上を寝て過ごします。

しかし寝る時間が多すぎて運動を怠ると、体にさまざまな支障をきたしてしまうかもしれません。

猫が適度に運動できる様におもちゃをいくつか用意してあげましょう。

種類の違うおもちゃをいくつか揃えて、好みをしっかりと把握するのも大切です。

小さな子猫には追いかけまわせるようなボール型のおもちゃがおすすめ。

大人の猫には羽タイプの猫じゃらしが人気のようです。

では老猫にはどんなおもちゃを用意してあげればいいのでしょうか?

老猫には軽くパンチができたり、狭い範囲でも楽しく遊べたりするようなおもちゃを模索してあげることがポイントです。

羽タイプの猫じゃらしを上からぶら下げたり、起き上がりこぼしのようなおもちゃを設置してあげると、遊んでくれる子が多いようです。

まとめ

室内飼いをする上で一番大切なのは、猫ちゃんがどうしたら快適に過ごせるかを考えることです。

猫を普段から観察し、場所やおもちゃなど好きなものをしっかり把握して、お気に入りの部屋作りをしてみましょう。

好きなものに囲まれた空間は猫にも飼い主にも癒しの場所になること間違いなしです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。