名付けは慎重に!猫が反応しやすい名前を付けた方が良い理由

猫を家族に迎えたら、まず最初に考えるのが名前ですよね?

ずっと呼び続けるものですから慎重に考える人も多いかと思います。

こんな時は猫ちゃんが反応しやすい名前を考えてあげてください。

反応しやすい名前をつけてあげることで、猫は「自分の事だ」と早くわかるようになります♪

猫が反応しやすい名前を付けた方が良い理由をしっかりと把握して、良い名前を付けてあげてくださいね^^

短くて発音のはっきりした名前をつける

猫は基本的に音と飼い主の声で自分が呼ばれていると判断します。

長い名前を付けると音が安定せず、覚えるのに時間がかかってしまうかもしれません。

自分の名前をはやく覚えてもらうには、短くはっきりした発音の名前を付けことが大切です。

猫は自分の顔を見て同じ音を飼い主が発しているうちにこれが名前だと認識します。

この時、覚えるまでは目を見て呼ぶようにしてください。

何度も繰り返しているうちに「この音は自分と関係があるのかな」と意識し始めるでしょう。

意識すると音がした時にそばへ寄ってきたり、鳴いて反応するようになります。

長い名前や発音しにくい名前は付けない

名前を付ける時は次のことに注意してください。

猫は長い名前を付けるとなかなか覚えてくれません。

名前を音で理解しているため、覚えたとしても短いものよりは時間がかかります。

また、名前が長すぎると飼い主が省略して呼ぶ事があります。

こうなるとどちらが本当の名前なのか猫はわからなくなってしまいます

ですので猫の名前は飼い主もきちんと呼べて猫も覚えやすい短いものにしましょう。

家族の多い家庭なら、誰が発音しても聞き取りやすい呼び名をつけてあげると猫もすぐに覚えてくれます。

発音しにくい名前は家族によって音程が微妙に変わってしまうため、覚えるのが遅くなってしまいます。

誰が呼んでも「イントネーション」が変わらないような短いものにしましょう。

多頭飼いの場合は、猫同士で似た名前を付けない様にするのもポイントです。

どちらが呼ばれたか分かる様に最初の文字は母音が異なるものが好ましいです。

どんな名前を付けるかは飼い主のセンス

では、一体どんな名前が短く発音もいいのでしょうか?

人気なのはチョコ・マロン・あんこなどの食べ物シリーズです。

さくら・もも・ローズなど花の名前も多くの猫ちゃんに付けられています。

見た目から名前を付ける場合も多く、シロ・クロ・ブチ・トラなども人気です。

また、変わり所だと惑星を名前にする人もいるようです。

月はルナ、地球はテラ、太陽はサンなど英語に変える呼び方が人気です。

正座ならベガ、スピカなど個性を重視する人もいます。

2~3文字の単語が短くて発音しやすいよ。

さいごに

どのような名前を付けるかは、飼い主さんの好みやこだわりで大きく変わると思います。

ですので短くて呼びやすい名前であれば、どんな名前でもその名前が一番良い名前です。

お気に入りの名前が決まったら、愛情を込めて沢山呼んでくださいね♪

猫ちゃんはきっと嬉しそうに目を細めながらあなたに応えてくれますよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。