猫に首輪は付けた方が良いの?首輪のメリットとデメリット

猫ちゃんに首輪をつけるのは、たくさんのメリットがあります。

ただし選び方を間違ってしまうと、とても危険な目に遭ってしまうかもしれません。

今回は首輪をつける時のメリットとデメリット、つける際の注意点を踏まえて選び方のコツをお伝えしたいと思います。

 

 

メリット:飼い猫の証明やノミの駆除ができる

まず首輪をつけていると、野良猫に間違われることがありません。

現在ほとんどの家が完全室内飼いをしていると思いますが、脱走歴のある猫ちゃんの場合、ちょっとした隙に逃げ出してしまう可能性があります。

そんな時首輪をしていないと、野良猫に間違われて保健所に連れていかれることあるでしょう。

首輪をしていれば飼い猫だと思うので、保護して誰かが呼びかけてくれるかもしれません。

首輪と一緒に迷子札をつけたり、首輪の目立つところに名前と連絡先などを書いたりしておけば、見つけた人が連絡してくれる確率も上がり保健所へ連れて行かれる可能性もなくなります。

 

また、首輪の中にはノミ取りの役目をしてくれるものも販売されています。

このようなものをつければ、上記のメリット以外にもノミ取りのメリットもプラスされるのでとてもお得です。

ノミは猫にとって天敵ですが、薬で取り除くのはとてもストレスがかかります。

つけるだけでノミ取りをしてくれる効果がある首輪なら、猫だけでなく人間にもストレスを与えません。

ノミに悩まされている方は、この機能がある首輪がオススメです。

 

 

デメリット:慣れるまでにはストレスになる

このようにとても便利な首輪ですが、もちろんデメリットも存在します。

その1つとして、慣れるまでは猫にとってストレスになるということです。

猫は自由な動物ですから、拘束されるのを嫌います。

よくわからないものが首についていると言うのは、猫にとっては不安材料にもなりかねません。

 

意外にも鈴付きの首輪は、音にとても敏感な猫にとって大きなストレスを感じ、猫自身で外してしまうこともあります。

猫は普段からいろんな音を収集して自分の状態を把握していますので、動くたびにリンリンとなる鈴の音は、それらの状態を把握するのを阻止するものになってしまいます。

しかも首についていますから、猫にとってはとても大きな音で聞こえているでしょう。

慣れてしまえば鈴の音も大して気にはしなくなると思いますが、それまでは大きなストレスを抱えてしまうかもしれないと言うことも覚えておいてください。

 

 

注意点:首を締め付けないものを選んで緩めにつける

首輪を選ぶときまず注意して欲しいのは、首輪自体が伸びるかどうかです。

猫は体がとても柔らかく、高いところに登ったり飛び降りたりと激しいアクションをすることも珍しくありません。

そのため、もし伸び縮みしない首輪を選んでしまうと、家具などに首輪が引っかかって首を絞めてしまうかもしれません。

 

実はこのような悲しい事故は、年間何軒も起きています。

ほとんどの原因が、首輪が伸縮しなかったことによる首吊り事故です。

こんな悲しい事にならないためにも、伸び縮みする材料で作られた首輪を選びましょう。

 

最近の猫用首輪には、引っかかったときにパチンと外れてくれるセーフティタイプのものが販売されています。

首輪による事故が起こった時、瞬時に外れる仕組みなため、不慮の事故を防ぎやすくなるのが特徴です。

また、首輪をつける時にもゆるさはきちんと調節してあげましょう。

指2本が入るくらいの余裕を持って、つけてあげるのが理想的です^^

 

 

さいごに

猫にとって首輪はストレスがかかるものの、慣れると様々な心配を取り除いてくれます。

首輪は鈴などが付いていない、伸縮するタイプかセーフティタイプものを付けてあげるようにしましょう。

首輪をつけた後は、指をいれて緩さを確認することもお忘れなく。

 

▼ノミ対策+事故防止ができるオススメの首輪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。