マンチカンの値段・特徴・性格・飼育時の注意点

 

【マンチカンの歴史】

マンチカンが最初に見つかったのは、1944年のイギリスで、ジョーンズ博士の報告によるものだといわれています。

しかし、その後しばらくは誰もその「足の短い猫」の姿を見ることはなくなりました。

時代が下り1953年。今度はロシアで、同じように足の短い猫の報告がありました。

さらに、1964年にはアメリカ・ニューヨークで、1970年にはニューイングランドで、その姿が目撃されています。

 

現在のマンチカンに直接つながっているのは、1983年にアメリカ・ルイジアナ州で見つかった「足の短い猫」です。

トラックの下に隠れていたその猫は、「ブラックベリー」と名付けられ、やがて子猫を生みました。

そのうちの半分は、同じように短い足をしていたのです。

これらのうち、一匹のオスが「トゥールーズ」と名付けられ、ブリーダーに引き取られました。ここから本格的に交配が始まります。

 

マンチカンという名前は、「オズの魔法使い」に登場する小人に由来して付けられました。

やがて順調にその数を増やしていき、1991年にはキャットショーへの出場も果たします。ところが、これが問題の火種となってしまいます。

マンチカンは遺伝子の異常なのではないかという人たちとの間で、論争が巻き起こったのです。

最終的には、遺伝子の異常ではなく、突然変異だということで決着がつきました。

 

それ以後は、ほかの地域でも足の短い猫が見つかるようになり、交配はより広く行われるようになります。

そして1995年、世界最大の猫血統登録機関TICAは、ついにマンチカンを新しい品種として認めたのです。

 

しかし、マンチカンに対する評価はいまだに別れたままです。

アメリカのCFA、イギリスのGCCF、フランスのFiFeといったおもな血統登録団体は、まだマンチカンを品種として認めていません。

今後も、品種として確立していくには、さらなるブリーダーの努力が必要になりそうです。

 

 

【マンチカンの値段(相場)】

マンチカンの平均価格は、4~45万円ほどです。

マンチカンは、じつはすべて短い足になるわけではありません。

短い足は全体の3割程度で、長ければ長いほど価格は安くなっていきます。

それが、価格の幅となってあらわれています。

 

また、生後どれだけ経っているか、人気の高い毛色か、といった点も基準となります。

キャットショーでチャンピオンとなった血統書が付いていると、その価格が40万円を超えることも珍しくありません。

 

 

【マンチカンの毛色】

マンチカンは、ペルシャやシャム、アビシニアンをはじめ、さまざまな猫と交配が行われてきました。

そのため、毛の長さや色もバラエティ豊かです。

なかでも人気があるのが、クリーム系やレッド系、そしてホワイトです。

 

ほかにも、シルバー・ブラック・ブルー・カメオ。

そして、三毛のキャリコ・モザイク模様のトーティー・パステルカラーのダイリュート・サバ模様のブラウンマッカレルタビーなどが代表的です。

 

 

【マンチカンの特徴・性格】

マンチカンは、短い足がとても印象的な猫です。

その姿から、「猫のダックスフンド」とも呼ばれています。

 

大きな目と丸まった耳、お尻を振りながらよちよち歩く様は、愛嬌いっぱいです。

しかし、見た目とは裏腹に運動能力はかなり高く、スピードや木登りにも長けています。

性格はおだやかで、人なつっこく、ほかの猫や小さな子供ともフレンドリーに過ごすことができるので、飼いやすい猫です。

 

好奇心が強く活発に動き回るので、おもちゃやキャットタワーを用意してあげると、とてもよろこんでくれるでしょう。

とても賢いので、ひとりで留守番することも得意です。家を空けることが多い人にも、おすすめの猫です。

 

ただし、子猫のうちはいたずらも多いので注意してください。

家を空ける日数も、最高で一泊まで。

根は甘えん坊なので、帰ったらしっかりコミュニケーションを取ってあげましょう。

 

 

【マンチカンの飼育時の注意】

マンチカンは賢く、トイレなどのしつけもしやすいです。

しかし、怖がりな面も持っているので、あまり大きな声を上げたり手を上げたりするのは禁物です。

怯えて、飼い主のことを敵だと思うようになってしまいます。

かならず落ち着いて、優しく、根気強いしつけをしてください。

 

抜け毛があり、特に夏が来る前には大量に抜け落ちます。

短毛種なら1日1回のブラッシング、長毛種なら1日2回はブラッシングとコーミングをしてあげましょう。

お風呂は、月に2回程度で十分です。

 

脊椎間ヘルニアになりやすく、歩けなくなることもあるので注意してください。

歩き方がおかしかったり、運動を嫌がったりするときには、異常がある可能性があります。

すぐ、動物病院で診察を受けてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。