猫をいつまでも健康で長生きしてもらうために守るべき4つのポイント

投稿日:2017年7月8日 更新日:

こんにちは、心です。

今日は「猫ついて知る」第9弾です。

今回が最後になるこのシリーズ、最後は猫をいつまでも健康で長生きしてもらうために知っておきたい豆知識をご紹介します!

 

最近は国内でも猫ブームの傾向があり、より多くの人たちが猫との生活を楽しむようになってきました。

一度猫と暮らすとその魅力に取り憑かれ、2匹目、3匹目を迎え入れて多頭飼いを楽しむ人も多いようです。

猫の魅力は、見た目の可愛らしさだけでなく独立心の現れであるツンデレな性格や、何にでも興味を示す探究心の強さなどとにかく盛りだくさんなのです。

 

そんな猫との生活において日頃、注意すべき点がいくつかあります。

それはすべて愛猫にできる限り健康でいてもらい、いつまでも長生きをしてもらうためのコツでもあるのです。

今回紹介する4つのポイントを押さえて、あなたの愛猫も健康で長生きしてもらいましょう!

それでは最終日、スタートです!

 

 

1.キャットフード選びに気をつけましょう

猫はもともと食事には結構うるさい子がとても多いようです。

それだけにキャットフード選びは多くの飼い主さんにとっては頭痛の種になりやすいものです。

 

猫はやはり強い匂いがするフードや味付けの濃いフードを好む傾向にあります。

それは人間にとても似ています。

しかし強い匂いがしたり味付けが濃いというのは、塩分が多めに配合されていたり人工香料などが配合されていることが多いので、実は猫の体には良くないものなのです。

 

特に猫は腎臓系が弱点なので、若い時から塩分の高いフードを与え続けていくと腎臓にダメージが与えられてしまいます。

腎臓にダメージが蓄積されていくと、将来的に腎不全になりやすかったり、早めに腎臓機能が低下してしまうことに繋がってしまうので要注意なのです。

 

そのためにも、猫の事をしっかり考えて製造されているプレミアムフードをできるだけ選ぶようにした方が良いでしょう。

プレミアムフードのなかでもさらに合成保存料や着色料、香料などの添加物が入っていないものを選ぶと完璧です。

 

 

2.ストレスを溜めないようにする工夫しましょう

猫は室内飼いが常識となっている現在、どうしても猫のストレスがたまりがちで、それが原因で病気になってしまう事も多いようです。

猫は意外と繊細な動物なので、ちょっと家具の配置を変えただけでも精神的なストレスを受けやすいとも言われています。

ですから、あまり頻繁なお部屋の模様替えはしないようにしましょう。

 

ストレス解消に良いのは、キャットタワーなどをお部屋に置いてあげることが有効です。

猫は横の運動よりも縦の運動の方を好みます。

ですからキャットタワーがあるだけでもかなりの運動量になるので、ストレスも発散しやすくなります。

 

 

3.食事は朝晩2回に決めましょう

猫によって食いしん坊と少食とタイプは分かれるようですが、特に食べることが好きな猫は肥満になりやすいようです。

しかも去勢をしていたりするとホルモンの関係で太りやすい傾向にあるので、肥満にならないような食生活に気をつけましょう。

 

健康で長生きしてもらうためには肥満は大敵です。

食事の与え方として基本的には置きエサをしないのが正解です。

1日に必要量はキャットフードのパッケージの外側に書いてありますのでそれを参考にして、その量を2回に分けて与えるようにしましょう。

 

置きエサでいつでも食べられるようにしてしまうと、それこそ際限なく食事をしてしまいあっというまに肥満になってしまうので注意しましょう。

 

 

4.定期検診を習慣にしましょう

愛猫に長生きしてもらうためには、年に一度は必ず定期検診を受けさせるようにしましょう。

早めに病気を発見することができれば軽症のうちに治療してあげることができますし、回復も早いことが多いです。

 

また、予防的な見地からも、血液検査などで腎臓やその他の臓器の衰えを早めに察知することができるので、すぐに食事療法などで対応することができます。

日頃のメンテナンスが長生きさせるためのパスポートなのです。

 

 

まとめ

せっかくの縁があって家族として暮らしている愛猫。

いつまでも元気でいてほしいというのは飼い主さんの共通の願いだと思います。

上記のようなポイントを日頃から心に留めて実行していれば、20歳までも長生きしてくれることも夢ではありません。

今回ご紹介したポイントはそれほど難しいことではないので、愛猫の健康と長生きのためにぜひ参考にしてみてくださいね^^

あなたも猫と一緒に「Let’s enjoy Life!」

-
-

Copyright© いぬねこノート , 2018 All Rights Reserved.