まだ動物病院で買ってるの?ペットの薬を個人で買う方法と気をつけること

家族の一員であるペットには健康でいてもらいたい、だから動物病院で薬を買う、これが普通の光景です。

ただ、動物病院での薬代が高いと悩んでいる人も多く、何とか節約したいと考えるのはおかしなことではありません。

 

 

ペットの薬は個人輸入も可能

基本的に、国内でペットの薬を入手するなら動物病院に行くしかありませんが、個人輸入するという手もあります。

人間用の薬でも個人輸入はありますが、国内の製薬会社が色々な薬を発売しているので、わざわざ海外から輸入する必要はほとんどありません。

それに対して、ペットの薬の多くは実は海外で作られているので、すでに輸入された薬を使っているケースも多いでしょう。

もちろん、国内にも共立製薬株式会社や日本全薬工業のようにペットの薬の開発、製造を手がけている会社はあります。

しかし、海外の薬が主流である以上は、海外からの個人輸入が有効な手段なのは間違いありません。

 

そもそも、薬がどのように飼い主の元まで届くかですが、海外で製造されて、輸入販売業者が買い付けて輸入する。

そのままでは販売できないので日本語の箱で包装するなど日本向けに調整し、動物病院に卸される。

そして動物病院から飼い主が購入するといった流れです。

かなりの手順が必要なので、どうしてもその過程でコストがかかり、それが薬代に反映されています。

しかし、個人輸入でペットの薬を購入すれば、その過程の多くをカットできるので、薬が安く手に入るわけです。

 

個人輸入する場合、個人輸入代行業者が薬を買い付けて、それがそのまま飼い主の元に送られます。

個人輸入代行業者は通販サイトのようなホームページを作っているところもあり、本当に通販で買い物をするような感覚で購入できるのです。

本当に大丈夫なのか、そのような不安を感じるかもしれませんが、個人輸入自体は法に触れるものではありません。

 

 

注意したいポイントは

ただ、いくつか個人輸入ならではの注意点はあり、数量に関しては明確に制限されています。

ペットの薬の個人輸入はあくまで自分のペットに対して使うものですから、知り合いの分もまとめて購入する、あるいは知り合いに頼むということはできません。

薬の種類によっても輸入できる数量が異なります。

 

また、同じ薬でも国によって名前が異なる場合があり、本当に安心して使える薬なのか不安を感じる場面があるのは事実です。

もちろん、インターネットで調べた方がよいですが、名前が異なるケースはよくあるので過剰に心配する必要はありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。