便利グッズ

首輪とハーネスの違いは?それぞれの特徴とメリット・デメリット

投稿日:2017年5月17日 更新日:

犬にとって嬉しい散歩の時間。

興奮して飼い主より先走ることもしばしばありますよね笑

ですが他の人に噛みついたり、いきなり飛び出して事故に合わないためにもしっかりとしつけをしたいものです。

今回はそんな散歩の時の重要アイテム、首輪とハーネスについてご紹介したいと思います。

 

[toc]

 

首輪の基礎知識

愛犬を散歩に連れて行く時に、すぐに思いつくのは首輪だと思います。

首輪はまさに首だけに巻きつけるタイプのお散歩アイテムです。

 

様々なデザインがありますが、基本的にはしっかりと愛犬をリードにつなぐためという意味合いや、愛犬の識別のために装着することが多い実用性の高いタイプだと言えます。

 

首輪には本革や人工皮革などのチョイスがありますが、本革の方が耐久性が高いので強い力がかかっても引きちぎれる心配がなく安全面からも人気があるようです。

 

 

首輪のメリット

首輪のメリットは、ワンちゃんの首に素早く装着することができるという点が挙げられます。

また首というダイレクトにリードから伝わる飼い主の要求や命令などを犬自身が感じ取りやすいので、例えばしつけをする時には特に首輪の効果が有効だと言えます。

 

服従の訓練をする際にも、ワンちゃんが自分勝手にどんどんリードを引っ張って行くというのはしつけの問題とされます。

首輪をしていれば飼い主が強く引っ張ると、ワンちゃんはすぐに反応するので、しつけを短期間に行うことができるのが大きなメリットです。

 

 

首輪のデメリット

一見非常に便利で安全な首輪はメリットばかりが目立ちますが、デメリットもあります。

首輪のデメリットは、首という犬にとってはある意味急所に装着するアイテムなので、飼い主さんが力加減をきちんと学んでリードを引っ張らないと、最悪の場合ワンちゃんの喉を傷つけてしまう可能性があります。

ですから首輪をつけている時には、無理やり引っ張ったり強く引っ張ったりしないように注意しましょう。

⇒【楽天】で首輪を探す

 

ハーネスの基礎知識

最近は、首輪にかわってお散歩時にハーネスを装着しているワンちゃんをよく見かけるようになりました。

ハーネスはワンちゃんの首ではなく胴の部分に装着するいわゆる胴輪というものです。

ハーネスのほうが首輪よりもワンちゃんに負担がかかりにくいということも言われているようで、今後もますますハーネスの人気が高まるかもしれませんね。

 

 

ハーネスのメリット

ハーネスはワンちゃんの胴に紐がかけられるため、強い力で引っ張ったりしても、うまく力が分散され、ワンちゃんの体に無駄な負担がかからない点がメリットです。

散歩をしている時、他の犬がいたり野良猫を見ると急に突進するワンちゃんも多いですが、そういった時にハーネスなら、飼い主さんもしっかりリードをホールドして犬を止めることができます。

首輪の様に強く引っ張ったとしても首を締めたりすることもないので大変安全なのです。

 

 

ハーネスのデメリット

ハーネスは胴体につけているので、飼い主さんの命令などがワンちゃんに伝わりにくいというのが唯一のデメリットでしょう。

特にまだ幼犬の場合ですと、しつけがきちんとできていない状態でハーネスをつけることになります。

装着の際、やみくもに暴れまわったりして飼い主さんがうまくコントロールすることができない場合があります。

ですのでハーネスを装着するのはある程度しつけがきちんとされている段階のワンちゃんに装着してあげるのが安心でしょう。

 

⇒【楽天】でハーネスを探す

-便利グッズ
-,

Copyright© いぬねこノート , 2018 All Rights Reserved.