お役立ち情報

飼って後悔しないために!飼う前の「気持ちチェックシート10」

投稿日:2017年5月12日 更新日:

▼気持ちチェックシート10

 

 

①毎日散歩に行けますか?

この項目はおもに犬を飼う場合になりますね。

室内犬でも散歩は重要なイベントです。

 

考えてみてください、あなたがもし一日中家にこもっている生活を何か月もしていたらどうなりますか?

暇すぎて気が狂ってしまいますよね笑

犬も同じなんです。

 

犬は散歩をすると、あなた以外の人や自分とは違う犬、外の匂いや車の音などいろいろな情報を学びます。

また、家の中では運動不足になりがちです。

散歩の時に思い切って走り回ってストレスを発散させるのも散歩の大事な役割です。

 

 

②毎日ご飯をあげれますか?

犬でも猫でも一日に与えるフードには適正な量があります。

よくドライフードを食器に入れっぱなしにしている人をみますが、あれは絶対にやってはいけない行為です。

 

フードを出しっぱなし(空気に触れている状態)にしていると、だんだん酸化していき最悪腐ってしまいます。

腐ったご飯を食べた犬や猫はどうなってしまうか、わかりますよね?

ですのでご飯は適正な量を数回に分けて与えるのが基本です。

 

あなたが仕事で忙しくても、飲み会に誘われても、毎日ご飯をあげなければいけません。

 

 

③家に十分なスペースはありますか?

この項目は絶対ではありません。

とくに猫の場合だとワンルームでも問題なく飼うことができます。

 

しかし犬になると話は別です。

ケージを置くスペース、トイレを置くスペース、走り回るスペースを考えたときにワンルームでは少しせまいと思います。

 

意外とケージは大きいので、ホームセンターやペットショップで一度大きさを確認し、事前に部屋に置けるスペースがあるのかを把握しておきましょう。

 

 

④トイレの処理&掃除をできますか?

犬も猫もトイレを覚えるまでは家中のいたるところで、糞&尿&たまに嘔吐します。

あなたはそれらをしっかり掃除できますか?

トイレを覚えたとしても処理をするのはかわりません、毎日何回もです。

 

 

⑤大切なものを壊しても我慢できますか?

あなたの家には大切にしているものがありますか?

写真・置物(ツボや花瓶)・ぬいぐるみなど人によっていろいろあると思います。

そんな大切にしているものが、あなたが家を留守にしている間、もしくは寝ている時に壊されても我慢することができるでしょうか?

 

「ちゃんとしつければ大丈夫」

「高いところに置いておくから」

そう思っていませんか?だとしたら甘い!いや浅い!

 

犬や猫はその素晴らしい運動能力であなたの大切なものを次々を破壊していきます。

まるでマリ○がスター状態で一切障害物のないコースをBダッシュしていくかのようにです!

大切なものを壊された時、あなたは変わらずその犬や猫を愛せるでしょうか・・・

 

 

⑥根気よくしつけをできますか?

犬や猫は多少のしつけでは覚えません。

個体差はありますが、1つのこと覚えるのに早ければ1ヶ月、遅ければ半年以上かかることもあります。

トイレ・噛み癖・吠え癖・マウンティングなど1つ1つしつけを行うのはものすごく大変です。

 

 

⑦家中傷だらけになっても大丈夫ですか?

賃貸に住んでいる人には重要な項目です。

犬ならフローリングが、猫なら柱や壁がひっかき傷でボロボロになることもあります。

 

フローリングならペット用カーペットを敷いたり、壁や柱なら爪とぎしてもいいように加工したりと犬や猫を飼わなければ絶対に発生しない作業が生まれます。

また、出ていく時に高額な修繕費を請求されかねません。(ペットOKでも)

 

賃貸マンションなどで犬や猫を飼う場合は、まず管理人や管理会社に壁や床についたキズがどこまでならどれくらいの修繕費が必要か確認した上で飼う事をオススメします。

 

 

⑧経済的に余裕がありますか?

犬や猫を飼うという事は、小さな子供を育てるということです。

当然毎年お金(生活費・医療費)がかかります。

病気になればさらにお金がかかります。

 

一般的に犬だと初期費用が、購入代金+6万円前後(注射・ペットグッズ含む)

毎年かかるお金が最低でも13万円~と言われています。

 

猫の場合だと初期費用は犬よりも安く、購入代金+2万円前後(注射・ペットグッズ含む)

毎年かかるお金が最低でも16万円~と言われています。

 

この他にもトリミング代や医療費、ペットホテル代などを足すと年間20万円程度はみておいた方がいいかもしれません。

もしあなたが現在の生活でお金に余裕がないのであればペットを購入すべきではありません。

犬や猫を苦しめるばかりか、あなた自身も苦しむことになりかねないからです。

 

 

⑨自分の時間が無くなっても我慢できますか?

ペットを飼う=家族が増える=自分の時間を捧げる

簡単に言えばペットを飼うということはこういうことではないでしょうか?

犬、猫のどちらを飼ったとしても確実に自分の時間は削られます。

 

あるときは遊びの誘いを我慢し、あるときは数日間の旅行を我慢しなければなりません。

また、①や②でも触れた散歩やご飯も基本的には毎日するため、いままでよりも自由な時間は減ってしまいます。

 

 

⑩老犬・老猫になっても最後まで介護できますか?

犬、猫を飼うということは結婚すること同じです。

子供のときから育てていき、おじいちゃん・おばあちゃんになったら介護しなくてはいけません。

元気に走り回っていた時は可愛かったけど、歳をとってからトイレもちゃんとできなくなり、医療費もかかるため手放す人は多いです。

「最後まで面倒みる覚悟!」

最終的に⑩が一番重要な項目かもしれません。

 

-お役立ち情報
-

Copyright© いぬねこノート , 2018 All Rights Reserved.