猫の噛み癖には原因があるの?しつけに重要な3つのポイント

猫の噛み癖は、小さいうちにしつけることがポイントです。

大きくなってからのしつけはとても難しいので、子猫の時にしっかりと止めさせておきましょう。

1.猫が噛む原因は2つに分かれる

猫が噛むのには、主に2つの原因が考えられます。

1つは、構いすぎによる噛み癖です。

猫の背中やしっぽのあたりには沢山の神経が通っていますから、ここに何度も触れることで不快感を覚えてしまうのでしょう。

この不快感を訴えるため、手を噛んで止めてくれと合図を出したりすることがあります。

噛み付くというのは猫にとっても最終手段の表れですから、すぐに止めてあげましょう。

2つ目の原因は、人間の体を遊び道具として捉えていると言う理由です。

手や指を動かしたりして小さい頃から遊ばせていると、おもちゃと勘違いしてしまうことがあるかもしれません。

この噛み癖は気づいたときに早めの対処をしないと、大きくなってから人間が怪我をしてしまう可能性がありとても危険です。

2つの対策は理由によって異なりますから、どんな理由で噛むのかをしっかりと把握して、それに見合った対策を立てることが大切です。

それでは次は2つの理由に有効な対策をご紹介しましょう。

2.不機嫌な態度をみせたらすぐにかまうのをやめる

先ほどもお伝えしたように、不快感から噛む場合は過剰に触らないようにすることで解決できます。

猫を触るとき、表情やしっぽの動きなどをよく観察してみてください。

不快な場所に触れるとしっぽが激しく動いて、少し不機嫌そうな顔をしたりするでしょう。

そのような仕草が見えたら、そこはその猫にとって嫌がる部分です。

猫は嫌なことがあると良い事の2倍の時間で記憶すると言われています。

嫌がる箇所を何度もしつこく触れば、触られること自体が嫌な記憶に変わってしまうかもしれません。

そうならないためにも猫が喜びそうな場所を触って、しっかりと絆を深めていくことが大切です。

3.猫専用の遊び道具でかまってあげる

人間の体を遊び道具として捉えている場合は、その認識を取り除くようにしましょう。

猫用のおもちゃや猫じゃらしを用意して、遊ぶときは必ずそれを使うようにします。

もし猫が手を噛んできたりしたらすぐに遊ぶのをやめてください。

手に噛み付くと遊んでくれなくなると覚えさせましょう。

足やかかとに噛み付いてくる場合は、かまってほしい気持ちの表れです。

この時も手を噛んできた時と同様、猫用のおもちゃでしっかりと遊びましょう。

特に子猫は人間にかまってほしい気持ちを表してきます。

子猫の噛み癖は、小さいうちにしっかりと治しておくことが重要です。

 

大きくなってからも噛み癖が残っていると、人間に危害が及ぶかもしれない可能性があります。

かまってほしくて足やかかとに飛びついてきた時は、その都度しっかりと叱って猫じゃらしやおもちゃで遊ぶように誘導しましょう。

やがて、人間は噛んじゃいけないと覚えてくれるようになりますよ。

さいごに

猫の噛み癖対策は原因によって異なりますから、しっかりと普段から猫を観察しておく必要があります。

【あせらず・怒らず・根気よく】

噛み癖をしつける時は、この3つを意識しながら対策をしてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。