犬のいびきには問題がある?健康管理の目安にチェックしよう

愛犬の安らかな寝顔は、犬好きにとってはとても癒されるものです。

ときには「グー」「ガー」といったいびきを立てて、クスッっとさせられることもあります。

 

でも、あまりにいびきがうるさいと心配になってくることもありますよね。

じつはそのいびきには問題がひそんでいるのかもしれません。

ここでは、犬のいびきについて、それぞれの理由や対策などを見ていきましょう。

 

 

太りすぎが原因でいびきをかくこともある

そもそも、いびきはどのようにして鳴っているのでしょうか?

これについては、じつは犬も人間と変わりません。

寝ているときに鼻やのどの組織が震えることで音が鳴るのです。

空気の通り道が十分に広いときには鳴らないのですが、何らかの原因で狭くなるといびきになってしまうのです。

 

人間でもいびきの原因で多いのが肥満によるものです。

脂肪が首まわりにつくことで、気道が狭くなってしまうのです。

いびきと同時に犬の体型が気になるときは、食事や運動などの管理を見なおしてダイエットさせてあげましょう。

 

 

いびきをかきやすい犬種もある

犬種によっては、もともといびきをかきやすい場合もあります。

ブルドック・パグ・シーズー・ボストンテリアなどの鼻の短い犬種を飼っている人であれば経験があるのではないでしょうか。

 

これらの犬種は品種改良によって鼻に空気が通りにくなっています。

そのため、先ほどのような理由で音が鳴りやすくなるのです。

 

生まれつきの体質なので治す必要はありません。

ただし苦しそうに見えるときには、動物病院で相談してみるとよいでしょう。

 

 

病気のサインとなっていることもあるので注意

犬のいびきには、病気が原因となっているものもあります。

飼い主にとってもっとも心配なのは、このパターンです。

 

いびきをかきやすい病気には、風邪やアレルギーなどの鼻づまりや、呼吸がしづらくなる軟口蓋過長症、気管虚脱などが考えられます。

鼻やのどにできる腫瘍もいびきの原因となります。

 

また、心臓肥大で気管支が圧迫され、いびきに似たような呼吸音が出ることもあります。

通常と比べ呼吸が荒く、苦しそうで目がさめてしまうようないびきには要注意です。

 

ほかにも、

  • 「急にいびきをかくようになった」
  • 「音が大きくなった」
  • 「高齢になって多くなった」
  • 「食欲がなくなった」
  • 「眠りが浅く日中でもウトウトするようなった」

といった症状がある場合には注意が必要です。

 

気になるときは、すぐに動物病院へ連れて行って診察してもらいましょう。

いびきをかいているときの動画もあると診断しやすいので、撮影していくことをオススメします。

また、痛み止めや精神安定剤などの薬の副作用で、いびきをかきやすくなることもあります。

 

 

周囲の環境が原因になっていることも

ここまでの原因に思い当たらないときには、周囲の環境が犬に適していない可能性もあります。

例えば飼い主や家族がタバコを吸っていると、鼻の粘膜が刺激を受けます。

するとそれを防ぐために鼻水が分泌されて、いびきをかくようになることもあるのです。

 

もともと、タバコは犬にとっても健康によくありません。

愛犬のことを考えて禁煙するか、もしくは空気清浄機を入れて空気をきれいにしてあげましょう。

アレルギーのある犬は、花粉や自動車が少ない時間帯に散歩をするのも効果的です。

 

 

いびきは犬の体が発する健康のサイン

基本的に、たまにかくような軽いいびきであれば心配する必要はありません。

それでも何となく苦しそうだと感じるのであれば、寝ている姿勢を変えることでおさまることもあります。

背中を丸めた姿勢だとかきにくくなるので、そっと調整してあげてください^^

 

ドッグベッドや、タオルを枕にしてあげても静かになることがあります。

犬のいびきというのはとても愛らしいものです。

その一方で肥満や病気といった健康のサインになっていることもあります。

飼い主として、しっかり見逃さないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。