犬の嗅覚はどうして優れているのか?その理由と目的

犬の嗅覚って本当にすごいですよね。

先日、キッチンを挟んだ反対側の部屋でスナック菓子を食べようとしたら、いままで爆睡していたはずのダックスが、寝室からものすごい勢いで飛んできてビックリしました。笑

そこで今回は「犬の嗅覚」について気になったので、少し調べてみましたよ^^

ちょっとした時間がある時にでも読んでみて下さいね♪

犬はほんとうに鼻がいいの?

人間には匂いを感じ取って脳に伝える「嗅細胞」が約500万個あります。

犬は犬種にもよりますがおおむね2億個前後と、人間の40倍ほどです。

これだけでも、いかに犬の匂いを感じ取る能力が優れているかがわかるでしょう。

ただし、犬の嗅覚細胞は植物性(野菜や草花など)の匂いよりも、動物の肉や分泌物などの匂いを感じ取るのに優れています。

犬は本来肉食動物ですので、生きるために必要のない匂いには鈍感にできているのです。

また、嗅細胞が人間の40倍あるからといって、40倍匂いを強く感じるというわけではありません。

人間には感じ取れないようなかすかな匂いを感じ取ったり、ごちゃまぜに交じり合った匂いから個々の匂いをかぎ分けたりするような、非常に繊細なはたらきが優れています。

なぜ犬は鼻が良くなったのか

人間の嗅覚が退化したのは、二足歩行になって鼻で地面を嗅ぐという行為がし辛くなったためと言われています。

でも、犬と同じ四つ足の猫でも嗅細胞は1900万個程度で犬よりはるかに劣っています。

なぜ犬はこんなに鼻が良くなったのでしょうか?

 

理由の一つとしては、生きるために動物を狩る必要があったことが挙げられるでしょう。

猫は気配を殺して獲物をじっと待つ「待ち伏せ型」の狩りを行いますが、犬にはそんな芸当はできません。

犬の祖先である狼を見れば分かるように、獲物の後を走って追いかける「追跡型」の狩りを行います。

獲物を見失ってしまっても、残された匂いをたどることさえできれば再度見つけやすくなります。

そのため嗅覚が進化したと考えられているんですね。

犬の鼻はなぜ濡れているの?

犬の鼻を覆っているあの水分は「嗅粘膜」と呼ばれる涙に似た分泌物です。

鼻の表面は細かい溝で覆われており、この溝に分泌物がたまるため常に潤った状態になっています。

実は犬の優れた嗅覚の一因がこの嗅粘膜です。

空気中に漂う匂いの粒が、この嗅粘膜に触れて溶け込むことで、犬は匂いを感知することができます。

一日の分泌量は、中型犬で500mlペットボトル一本分にもなるそうです。

渇いているよりも濡れている方が感覚が敏感なのは、たとえば人間が風向きをはかるとき指を舐めて濡らすことからも分かりますね。

 

犬にとって鼻は、極めて重要な器官であり、いわばセンサーのような役割を果たしているのです。

だからこそ、鼻が渇いているというのは犬にとって異常な状態となるため、なんらかの病気や疾患を抱えていることが多いです。

ただし、眠っている間は嗅粘膜の分泌も少なくなるので、寝起きの犬の鼻は渇いているのが普通です。

濡れているからって風邪を引いてるわけじゃないんだよ。

犬同士はなぜお尻の匂いをかぐのか?

犬を飼っている人なら分かると思いますが、他の犬と会うとお互いのお尻に鼻を近づけてしばらく嗅いでいますね。

あれはどういった理由があるのでしょうか?

犬のお尻には、糞の出口である肛門とは別に、肛門腺という穴があります。

ここから分泌される匂いは、犬にとっての個人情報

性別や年齢だけでなく、強さやおおまかな性格までもが分かると言われるので驚きです。

生きる上での情報収集の多くを鼻に頼っている犬にとって、相手に匂いを嗅がせるというのは人間の自己紹介のようなものなのでしょう。

まとめ

犬はその従順で利口な性格と優れた嗅覚によって、人間社会の大きな助けにもなっています。

代表的なものでは犯人を追いかける警察犬、麻薬をかぎわける麻薬犬、災害の時に瓦礫に埋もれた人を見つける災害救助犬などですね。

また、最近では人のおしっこからガンにかかっているか否かを嗅ぎ分ける「ガン探知犬」が話題になりました。

犬は四万年も前から人間のパートナーとして飼われていたといわれますが、こんな身近な動物が精密なコンピュータでも及ばないような能力を持っているというのは、本当に神秘的だと感じますね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。